FC2ブログ
        
     管理者ページ

          
200702192310582
20070219231058
赤ちゃんの入院手続きのため、慌ただしくも名前が決まり、出生届けを出してきました。
Tontonのときと同様、名付けはパパの仕事。
産みの親はママ、名付け親はパパ
…ということでママは口出ししてません(笑。

名前はここではYossyとさせていただきますね♪

さて、今日Yossyのいる病院へ面会に行ってきました。
まだ口からミルクは飲めず、鼻から管を通してもらっている状態ですが、酸素チューブが外されても呼吸は安定してきたようでまずは一安心。

あとは出産時何度も心拍が停止し、濁った羊水を吸い込むという過度なストレスを受けたことによる脳への影響が心配です。
状態が安定し、口からミルクを飲めるようになってから脳の検査をするとのことでした。

今私がYossyにしてあげられる唯一のことは初乳を搾って届けてあげること。

…けれど、生まれてすぐ赤ちゃんと引き離されてしまった私は、なかなかオッパイが張らず、搾ることができずにいます。

生まれたての赤ちゃんがたくさんいるこの産院で、一人眠れずに過ごす夜中、隣の部屋から聞こえるミルクを欲しがる赤ちゃんの泣き声に、思わず昨夜は涙してしまいましたが…

今日Yossyと面会して帰ってきたら、オッパイが張っていることに気付きました!。
面会の間Yossyはひたすら寝ていたというのに…、
直接吸ってもらうとか、泣き声を聞いたわけではないのに…
母性本能ってすごい!と改めて実感しました。

身体の痛みばかりが残り、本当に産んだのかさえ実感が薄れかかっていた私ですが(ォィ
本当に母であり、我が子であることを痛感できた面会でした(^^)。

スポンサーサイト



本日13時45分頃、無事男の子を出産いたしました!

…が…

現在、私の傍に赤ちゃんはいません。。。

陣痛中、何度か心拍が極端に下がった上に、濁った羊水を大量に吸い込んでしまった赤ちゃん。
肺がうまく膨らまず呼吸が安定しないんだそうです。

出産後、遠い専門病院から救急車が迎えにきて、しばらくして赤ちゃんは連れて行かれてしまいました。
最低でも二週間は入院になるようです…。

現在、私は出産した病院に入院中ですが、今後は出来るだけ外出許可を貰って会いに行く予定です。
ここから車で一時間くらいかな?。

頑張れ!赤ちゃん!
ママも頑張るからね~。
そして愛するTonton♪
…も頑張っていい子で待っててね~(^^;
結局、子宮口が3センチ開いたまま1週間が経ってしまいました(--;。

この1週間、お散歩はもちろんのこと、スキップ、ジャンプ、踏み台昇降等、いろいろと努力はしてみたのですが・・・なかなか陣痛に結びつきませんでした(^^;

旦那さんからは毎朝「今日かな?」「今日産もう!」「まだ?」「頑張れ!」等おはようメールで言われ続けてきましたが・・・
お産は自然のもの。
そうそう都合よく出産できるものでもないのです。。。

その旦那さんは、先週末に続いて今週末もなんとか上司に頼み込んで来れるようになったらしいのですが、その代わり来週以降は平日はおろか週末も休めないらしいことが判明。

お仕事ですもん、
百歩譲ってね、
出産に立ちあってもらえないのは我慢するとしても。
同じ日本にいるというのに、
入院中一度も顔を見せられないなんて・・・
この家族が増える大事な時、支えて欲しい時に傍にいないなんて・・・
そんなの絶対嫌だぁぁぁぁぁぁ!!(←めちゃくちゃ寂しがりやの私)

ということで・・・

明日の朝、計画分娩してもらうことになりました(^^;。

陣痛促進剤&バルーンで子宮口を広げるんだそうです。


なんか怖そう・・・。

できれば、予定日から何日遅れようとも自然に産みたいのが本心。
でも旦那さんの都合がつかないっていうし、私としては生まれたら一刻も早く、一分でも長く、旦那さんには傍にいて欲しい。
そして頑張った赤ちゃんの顔もじっくり見て欲しいのです。

ということで決戦は明日に決定。
頑張ってきまっす~
2週間ぶりの検診に行ってきました。
この日はたまたま超音波画像を立体で見られる装置を病院がレンタルしたばかりとかで、ギャラリー多数の中での診察でした(^^;

↓ で、その立体画像。
061031
両手を組んだり放したり、ず~~っとゴニョゴニョと動いていましたが、とうとうお顔は見せてくれませんでした。
美しいとはいえない画像ですが・・・ リアルタイムで動いている赤ちゃんを立体で見れるなんて、なんかちょっと不思議で・・・感動。

相変わらずの逆子で、血腫の状態も変化なし。
(ほっといたら減るはずなんですけどね。)

前回の検診では7割の確率で男の子でしたが、今回は100%ばっちり見えて男の子確定。
こんなにはっきり見えるなんて、今のTontonのサイズと比較すると比率的に胎児の方が大きいのでは・・・?などと思ってしまいました。
立派で何より(^-^;


最近、腰痛が辛くなってきました。
体重がうなぎのぼりで増えているせいもあって(既に前回の妊娠の臨月時の体重)、上向きで寝ていると腰が痛くて目が覚めます。
生理痛のような痛みがあるせいか、大量出血する夢を見たり。。。

まだまだ手の離せないTontonがいるので、なるべくゆっくり遅めに生まれてきて欲しいのですが・・・
その一方で、「えぇい、さっさと生まれてきてしまえ~」とも思ってしまう今日この頃なのでした(笑)
今日は4週間ぶりの検診の日でした。
いやぁ~~長かった。
この1ヶ月、早くお腹の子の状態を見たくてウズウズしっぱなし。

そして本日、とうとう気になる性別が判明いたしました。

性別は・・・


ドコドコドコドコ・・・
じゃじゃーーーん!!



(70%の割合で)男の子でした。



やっぱり・・・・・・ね( ̄∇ ̄;)


以前にも言いましたが、体外受精は男の子である確立が高いんだそうです。
男の子の精子は短距離走が得意で短命。
女の子の精子は長距離走が得意で長生き。
(だから産み分け法があるんですよねー)
体外受精の場合、シャーレで一気に精子をふりかけるので、短距離得意方の男の子が勝ちやすいんですって。

・・・というわけで、ある程度覚悟はしていたんですが・・・。

旦那さんが女の子の気がするぞ、なんて言うもんだから、ちょっと期待しちゃってましたよ・・・。
いや、いいんですよ。
男の子でも女の子でも、元気に生まれてくれれば。
でもやっぱり、男の子2人育てるのか、と思うと・・・、そしてそれが現実味を帯びてくるとなると、それなりに別の覚悟がいるわけですよ。
母親として今以上に強くあらねば、という。
(女の子ならあまり覚悟はいらないっぽいんですけどねー。)

ま、なるようにしかならないし、考えなくてもそれなりになっていくんでしょうけれど。
え、この私が? みたいな気は正直します。
「Akihiさんていつも眠そうだよね」なんて言われたこの私が・・・
二人ものガキジャレ相手に果たして目が届いた育児ができるんでしょうか・・・。

って、今から弱音吐いててどうする(^^;;


今回の検診では、心配していた胎盤の位置(下過ぎていた)がちょっとずつ上方に向かっていることが分かって一安心。
・・・と思いきや、今度は子宮のあちこちに大きな血腫ができていることが判明。

絨毛膜下血腫(じゅうもうまくかけっしゅ)
絨毛膜下血腫とは、子宮壁から胎盤がはがれることによって起こる出血です。妊娠初期に多く見られ4~5ヶ月目には落ち着くことがほとんどです。


・・・とのこと。
いや、もう6ヶ月ですから・・・(汗

実は前回も確認されていて要観察状態だったんですが、今回それが凄く増えていたのです。
小さければ自然に吸収されるみたいですけど・・・
ボコボコと沢山大きいのが・・・増えてました・・・( ̄∇ ̄;)
今のところ血は外に出てきていませんが、やはり出血があったら一大事(切迫早産&入院)・・・ということで忠告をされました。

Tontonを抱っこしまくってるからかなぁ・・・?。
どうしても「安定期に入った」という意識があるので、ついつい動いちゃうんですよね。
動いた方が安産になる、っていうし・・・。
(前回難産だったので特に動きたくなっちゃうんですよね。)
けれど、病院まで徒歩で通うような無理は・・・もうしない方がいい・・・のかな。
(タクシー代をけちるために、すんごい険しい坂を毎回歩いていたのですよ。)


あと、Tontonのときと同様、思いっきり逆子でした。
美しくきっちり逆子でした。
きっと、私の子宮が逆子になりたくなるような形をしているんでしょうねぇ^^;

でも逆子体操は当分しませんよ。
あんなきつくて効果のはっきりしないもの、やりたくないもの(笑)
(子宮に余裕のあるうちは治ってもすぐ逆子に戻っちゃうしね)
Tontonのときと同様、ギリギリ産むまでに治ってくれることを期待。。。。


そんなこんなで6ヶ月22Wの検診は終わり。
次は2週間後~。
次回までに血腫が減ってますように。。。(-人-)念
060919

ひっさしぶり(4週間ぶり)の妊婦検診に行ってきました。
左が足の大腿骨2本で、右がこちらを向いている骸骨ちっくな恐いお顔の写真。

この4週間の間、出血がちらほらあったために安静にせざるを得ませんでしたが、近頃ではそれもようやく落ち着いたようで、17週に入ったころから胎動も感じられるようになってきました。

胎動があると一安心ですね。
あ~ ちゃんとお腹で生きてるんだなぁ、という実感。
あ~ 妊娠してるんだなぁ、という実感。

赤ちゃんの成長はすっかり本人&母体任せで、私自身は何もしていないのにちゃんと育ってくれていることに神秘を感じます。
そんな神秘を感じつつ、一方ではお腹から無事に出てきてくれることも夢じゃなくなってきた現実に、少々不安も感じています。
二人の子を抱えて、果たして一人で無事に子育てできるのか?(お互いの両親の家は遠く、旦那の帰りが遅い毎日)
ま、なるようにしかならないのでしょうけれど、ね。

今回の検診で性別が分かるかも、と期待していたのですが、逆子&両足をぴっちり閉じている姿勢のために、判別はできませんでした。残念。
よく男の子、女の子、どちらがいい?と旦那さんに聞かれるのですが、
男の子だったらTontonと仲良く(?)ギャーギャーと元気に育ってくれるでしょうし、
女の子だったら、将来私と女同士の会話ができるでしょうし、
どちらもそれなりに楽しみな将来が待っているので、私自身は正直どちらでもいいのですよね。
どちらでもどーんと来い!という気分。
何よりも元気に無事生まれてくれるのが一番。


というわけで昨日の戌の日、安産腹帯発祥の寺という摩耶山天上寺に安産祈願に行ってきました。

赤子を抱いたとても穏やかなお顔と極彩色の唐服が印象的な摩耶夫人尊(お釈迦さまの生母)を前に、旦那さんとTontonと3人でご祈祷を受けてきました。
途中Tontonが泣き出したりしないかと心配でしたが、大きな太鼓の音にも驚かず、さながらミュージックショーのようなご祈祷を楽しんで見ているようでした(笑)

頂いた腹帯&お札類

060918
060918

↑一番よく過ごす部屋の高いところに祀ったお札

腹帯を締める前にお札に向かって安産祈願をしてくださいね、とか、産後1年以内にお礼参りに来てくださいね、とか色々と丁寧に説明を受けました。
以前Tontonの安産祈願をしたとき(香川県のお寺で)は何も言われず、頂いた腹帯も結局使わなかったのですが、そのせいで難産だったのかも・・・・と思うと、安産祈願に行ったことに満足せず、これからは日々ちゃんと祈願した方がいいのかもしれませんね^^;

次の検診は4週間後。
長く、待ち遠しい4週間です。
060822

背骨がはっきりと見えるようになりました^^。
頭の大きさが3センチ、頭臀長で9センチくらいだそうです。
順調に成長してくれているようで一安心しましたが、出血の方は相変わらずで・・・油断できないようです(^^;

来週には5ヶ月になるのになぁ。
安定期のはずなんだけどなぁ・・・。

そういえば、このお盆に二人目を妊娠している事を旦那さんの実家に報告してきました。
主役はTontonだったので、あらまぁ年子、といった反応でしたが、まぁ無事に報告できて一安心。
やはり長男のTontonを中心に考えて子育てしていった方がいいよ、とのことでした。

赤ちゃんがお腹の中から無事に出てきてくれるのはまだ当~分先のことでしょうが、なかなか安心できる状態にならないこともあって、
早く産んで元気な姿を拝みたいなぁ、とか
早く2人子育ての大変な思いをしてみたいなぁ、
なぁんて思ってしまったこの8月でした。