FC2ブログ
        
     管理者ページ

          
最近、Tontonがうがいをしては
「ジップロッブレー!」
と言うようになりました。

何のこっちゃ???、と私には意味不明な宇宙語だったのですが、
どうやらそれを言いたいがために、手洗いした後に必ずうがいをするようになった模様。

普段から宇宙語だらけなTontonなので、あまり気にはしていなかったのですが、
つい昨日、その謎が判明しました。

どうやら、映画「マダガスカル」の中でシマウマがうがいをした直後に言っている
「Ziploc Fresh!!(息、さわやか!)」
を真似ていたようです。
昨日、映画を見ながら喜んで一緒に叫んでいたと思ったら
「ママ!ママ!」とリモコンを押し付けられて、同じ個所を何度も再生させられました(^^;。

madagascal.jpg

このマダガスカルという映画、画像がすごーく綺麗で、出てくるのが動物ばかりとあって、Tontonが喜んで毎日みています。
それはもう毎日毎日、一日に何回も、飽きもせずに はや3週間。
音声は英語、字幕も英語。

お気に入りの場面がいくつかあって、
「もう一回!もう一回!」と何度もチマチマとリピート再生させられてます。
なるべく希望に応えてあげたい、と最初は思っていましたが、
あまりにもエンドレスなリピート要求に、あっという間に忍耐切れになる私です。

実家にいる間も毎日見ていたのですが、字幕が英語ではこちらが理解不能、
実家の家族も見たがったので、字幕を日本語に変えたら・・・Tonton怒る怒る(^^;。

結局、字幕が英語でありさえすれば、音声が日本語でもまぁ許してもらえるらしい、ということがわかりました(笑)。
どうやら英語の字幕を目で追うのが好きみたい。

本人、きっと映画の内容はほとんど理解していないと思います。
が、
目で見るだけでも十分楽しめる(ドタバタな)内容のおかげで、
何度見ても飽きないようです。

「何度見ても飽きない」
これって、子供の凄い武器ですよね。
他のDVDについてもいえることですが、よくもまぁ、飽きもせず、というくらい
見ています。
そしてちょっとずつ身になっているように思います。

ま、親としては勉強というよりも、自分が手抜きができるので喜んで見せちゃってるだけなんですが。

Tontonの話す宇宙語の何割かは、この映画の中の台詞なのかもしれません。
スポンサーサイト



最近2人がはまっているカード遊び。
080228

姉にもらったものなのですが、
School Zoneというところから出版されているNumbers, Colors & Shapesというカードで、
1から18までの数字にそれぞれ動物が描かれていて、3枚で一つの組になっています。
先日、英会話教室でハロウィンパーティがありました。
Tontonも頑張って仮装して参加。
061028 061028

このカボチャ衣装、はじめものすごく嫌がって泣きっぱなしだったんですよね^^;
着せた途端泣きじゃくるので、当日はあらかじめ家から着ておでかけ。
あの手この手であやしまくって、ようやく大人しく、というかいつも通り私の元から脱走して授業に参加してくれました。
(でも最後にはまた不機嫌に)

こういうのを着せて(あるいは着て)喜ぶ人の気持ちがなんだか分かった気分。
か・・・可愛いぜ・・・(〃∇〃) ←親バカ



さて、我家ではDVDは育児必須アイテムです。
DVDを見せておきさえすれば、泣き止むわ、ご機嫌で私から離れてくれるわで、家事も(おやつも漫画も)はかどります。
DVDなくして世の中のお母さん方はどうやって子供をあやしているんだろう?と不思議なくらい、今ではDVDのない生活なんて考えられません(^^;

そんなDVDの中でお気に入りなのが NHKの英語教材「YummyBox
eigo


凄く好きで、「おどれタイポ」なんかはノリノリのダンスつきで見ています。
いろんな英語教材のサンプルを取り寄せましたが、フォニックスってどれもつまらないものが多いんですよね。
私はNHKのこれが一番面白くて分かりやすくていい映像だなぁ、と思っています。
そしてこれ一つ欲しいがためにNHKのセットを買ったんですが・・・

残念ながら、このYummyBox、2006年12月20をもって販売が中止されるそうです。
とてもいい教材で、お値段も他の英語教材に比べてず~っと安いのに、消えてしまうなんて残念。

皆さん、もしよかったら今のうちに体験DVDだけでももらっておいてはどうでしょう?
DVD後半、説明が多くて少々うざいかもですが(笑)、我家では体験DVDだけでもかなりの期間楽しませてもらいました。

そのうち、各社の体験DVDの不必要な部分をカットして、全部集めて一枚のDVDに編集しなおして見ていた我家・・・ 実はこれが一番スペシャルなお気に入りだったりします(笑)。
そりゃ、各社のいいとこどりですからねぇ・・・(^^;
(DVDの編集の仕方等、質問しないで下さいねー。こういうことは自己責任で。)
この9月からTontonは英会話教室に通っています。
英会話、とはいっても本人、まだ「パパ」と「ドッ」(Dogと言いたい)の2語しかしゃべれないのですけどね。^^;
(ママとも言ってくれない悲しい現実・・・(T∇T))

seiha


他のお子さんたちがそれぞれパパママのお膝元でおとなしく授業を受けているのに対し、Tontonはすぐに私から離れて先生の邪魔をしてしまいます。
授業にノリノリで手を叩いたり、足踏みダンスしたりするときもありますが、場の真中に並べられているカードを散らかしてみたり、おもちゃの方に行ったり、ウロウロとどうも集中力が続かないみたい。
私が捕まえるとそっくり返って抜け出すか、泣き出すか。

↓捕まえられて半泣きのTonton
seiha


まだ1歳になったばかり、無理もない、といえば無理もないのですけど・・・ できるだけ本人の自由にさせてやりたいとは思うのですけど・・・ そう私が思っているから、こういう子(落ち着きのない子)になるのか?とも思ってみたり。
他の1歳のお子さんがおとなしく授業を受けているのを見ると、邪魔してしまって申し訳ない気持ちがします。
こういうことは一人の問題じゃないですからねぇ。

でも、どこに行ってもあまり人見知りも外人見知りもせず、「我自由を愛す」の精神で一人できままに遊んでくれるという点では、親として結構助かっています。
病院に託児ルームがあるのでよく利用させてもらっているのですが、私が離れても一人で全然平気みたい。
2時間ぶりに再会しても、とくに感動もないし(^^;

このまま積極的にいろんなことを吸収して、「知っている」ことがどんどん増えて、その場を十分楽しめるようになってくれたらいいなぁ。
そしてできれば、他人様に迷惑をかけないでくれたらいいなぁ・・・。


ベイビーアインシュタインシリーズ

中学、高校のみならず、大学、職場、と英語を使わなければならない機会が多かったのにも関わらず、ぜっんぜんしゃべれない英語コンプレックスの私。
英語を前にすると、「苦手」という見えない壁が立ちはだかるのですよね。。。。