FC2ブログ
        
     管理者ページ

          
今までお昼寝は午前と午後の一日2回していましたが、
夕方の日の入りが早くなったこともあって、最近はお昼寝が1日1回になるよう、午前中に調整しています。

とにかく、昼まで寝かさない!

午前中は近所の公園に行ったり、児童館に行ったり、ウロウロと活動させています。
(9時過ぎ~12時まで)
お昼までなんとか粘って遊ばせて、お昼ご飯を食べたら、即昼寝。
(1時過ぎ~4時過ぎまで。その間に夕飯の支度など)
そして夕方起きて、日が暮れるまで外で遊ぶ(5時~6時半過ぎまで)
というのが最近の日課です。

我家の近所には公園が多く、ベビーカーを使わずに歩いてお散歩に行く事も増えてきました。
気付くと 公園の木々もすっかり秋模様。
どんぐりがあちらこちらに落ちています。

それをいくつか拾って集めては、ポイッと転がすTonton。
donguri donguri

それを延々と繰り返しています。
こんな風に何かに集中して遊んでいるとき、それを中断させるとものすごく怒るのですよね。

のどかだなぁ・・・とTontonを眺めながらしばし休憩。

そのうち暇を持て余してしまったので、私は私でどんぐり拾いに夢中に・・・。

なぜか熱中するどんぐり拾い。
やはりこの2人、親子のようです。

結局、小さ目の買い物袋一杯に持って帰ってきました(^^;
(瓶に入れて遊んだり、お外遊び用になるよね、なんて思って。)
スポンサーサイト



先日、近くの海にお散歩に行ってきました。

060916

肩車で遠ざかるTontonとパパ。
それを見つめて残るママ一人。(←疲れたらしい)

2人がどんどん小さくなっていく。

・・・・
・・・・
・・・・

・・・    追いかけました・・・ (←寂しがりや)



海岸の砂でTontonと私が遊んでいると、パパがどこからか3センチくらいの小さなカニを取ってきてくれました。
以前は小さな生き物に全く興味を示さなかったTontonですが、このときはためらわずカニを鷲掴み・・!( ̄∇ ̄;)
手放しては掴む、というのをその後何度も繰り返しておりました(汗

考えてみれば、ハサミが恐いとか、足がモゾモゾして気持ち悪いとか、そういう感情って後天的なものなんですよね。
ややぐったりしたカニさんは、その後海に放してあげました。(^-^;ごめんねー


060916_hato

そして恒例のハトを追いかけるTonton。
君に捕まるようなノロマなハトはおるまい、と毎回思うのですが、ハトもギリギリの距離で歩いて逃げるものだから、割としつこく追い掛け回すのですよね。
そして毎回、ハトが飛んで逃げては尻餅をついてびっくりするTonton。
尻をついたまま、しばらく呆然とする姿が可愛くて微笑ましい日常です^^*


そんな穏やかな日常とはうって変わって・・・
最近、Tontonが私を噛みまくります(T∇T)
kamiato

もうね、ギューって噛んで しばらく離さないの。
引っ張ってもダメ。(←余計痛い)
「ダメ!痛いよ!」って言っても、笑って喜ぶばかり( ̄∇ ̄;)
肩やら腕やら足やら・・・隙があれば噛みまくります。
最近、ようやく上の歯も生えてきたので、余計痛さがパワーアップ。(涙

舐めたり吸ったりするのは構わないけど・・・・噛まれるのはねぇ・・・
(噛まれるため断乳も早かったです@5~6ヶ月)

でも噛むのは私だけ、旦那さんには噛みません。
もしや私、舐められてるのか?( ̄∇ ̄;) (いや噛まれてる)
先週末、淡路島にある「奇跡の星の植物館」というところに行ってきました。
(神戸-淡路間は驚くほど近いんですよ。
片道15分くらいであっという間に着いちゃいました(笑))

着いてみると、当日はたまたまブライダルフェアの日だったようで、思いがけず綺麗なモデルさんを沢山見れた上に、音楽とショーも楽しめてしまいました。(らっきー♪)
mukade

いきなりムカデな画像でごめんなさい^^;

実は、我家にはよくムカデ君がいらっしゃいます。
部屋が1階だということと、目の前が林だからでしょうか。
真夏の暑い時期には姿を消していましたが、涼しくなってきてまたやってくるようになりました。

はっきり言って、見つけた瞬間「ギョ!」っとします。
だってデカイんですもん。太いんですもん(T∇T) 。

この写真は、半泣きになりながらも殺虫剤を片手に戦った後、ベランダから部屋の外に落ちてしまった瀕死のムカデくん。
途中、めちゃめちゃ暴れるんですよ。
向かってこられたら恐いっつうの(涙)
(でも母は戦ったよ!我家を守ったよ!)

30分くらいして「まだ生きてるかな?」と思わず確かめに行ってしまいました。
ムカデって・・・ 元気なときは20センチくらいあったのに、瀕死になると半分くらいに縮むんですね。
このとき、まだ足がモゾモゾと動いていました。
でもトドメをさす勇気は結局なくて・・・
翌日にはその場からいなくなっていました・・・( ̄∇ ̄;)

お願いだから もう2度と来ないで~~~~!!(^^;(懇願)
9ヶ月まで抱っこで頑張っていた私でしたが、引越して歩く距離が増えた事と、抱っこでは段々暑くなってきたこともあって、色々と悩んだ末にB型ベビーカーを買いました。
買ったのはシルバークロスマイクロ。

購入にあたって参考にしたのは「B型ベビーカーの選び方」というページ。
(結局、大型のサンシェードを同時購入したり、丁寧な説明に惹かれて購入先もココに)

シルバークロスは、B型にしてはちょっと重い(約5kg)けれど、堅牢な作りで走行が安定していることと、4歳まで使えること(国内メーカーのものはどれも2歳まで)、&お値段の安さが魅力です。

デザインも好きだし、子供を抱っこしたまま片手で簡単に開閉できたり、重さよりも使いやすさの方が勝つので買ったことに後悔は全くないんですが・・・、
ただ一つ難点があるとしたら、畳んだときにタイヤが上に来ることが辛いかも。

私はバスによく乗るので、座席の横にベビーカーを置いたときがちょっと苦労します。
自分側にタイヤがくるように向けるとTontonが触ったり舐めたりしちゃうし、通路側にタイヤをまわすと他の人の服を汚してしまわないか気を使うし。
(後部座席に座れればその点も問題はありませんけどね。)

↓買った当初のTonton
060511

笑顔がまぶしいです。
とってもプリティーです。(←激しく親馬鹿)


↓そして現在のTonton
060917


・・・・

なんか 態度がでかいです(-"-;)

こうして見ると、同じベビーカーとは思えないような子供の成長ぶりも面白いですね^^;

我家は週末よく出かけるのですが、適当な座席がないときはベビーカーに座らせたまま離乳食を食べさせています。
食後のミルクもベビーカーに座らせたままで。
(ベビーカーのタイヤをロックしてから、ベビーカーごと斜めに傾け、親が足で支えるのがポイント。
親の両手はあくまでフリー、ゆっくり食事できます(笑))

そうそう、夏の間は座席のシートを外してメッシュ状態で使っていました。
こんな風にできるのもB型の利点かな?

また我家では、Tontonがベビーカーやチャイルドシートに座るのを嫌がるときがあるので、ベルトを締める瞬間に毎回「シャキーン!」と効果音を付けています。
こうするとニコっ(^^)としてくれるの。
少しでも楽しく座ってもらおうと親も必死なのですわ。(笑)
先日、安産祈願ついでに六甲山牧場に行ってきました。
我家は夫婦2人とも動物が大好きなので、どこかにおでかけ、となると割と動物のいる場所に行くことが多いです。

さて、最近「ドッ!」(Dog)と盛んにしゃべるようになったTonton。
犬を見て「ドッ!」と言うのはもちろん、
羊を見ても「ドッ!」
鳥を見ても「ドッ!」
馬を見ても「ドッ!」・・・
耳元で何度「Horese」とか「Cow」とか言っても聞き入れてもらえず、動物なら何でも「ドッ」になるようです。

は・・・! もしや動物の「ド」と言いたかったのか?!( ̄□ ̄;)  (教えてないぞ)

060918

ここには在来馬が何種類かいます。
馬好きの私としてはTontonにも馬好きになってもらいたいのですが・・・ 馬の傍に寄っても触ろうとせず、手を引っ込めてこわばった表情で固まっていました。

060918

羊さんなら大丈夫か?と放流してみると、手についたンコが気になって舐めようとする始末。。。( ̄∇ ̄;)ぉぃぉぃ
なかなか親の思う通りにはいかないものです。。。

でも目的の一つだったチーズも数種類買えたし、まずまずの休日でした^^

(注:あちこちに羊さんが歩いているので、ベビーカーも靴もンコまみれになります(汗)
こういう牧場系に行かれる方はご注意を~。)
この9月からTontonは英会話教室に通っています。
英会話、とはいっても本人、まだ「パパ」と「ドッ」(Dogと言いたい)の2語しかしゃべれないのですけどね。^^;
(ママとも言ってくれない悲しい現実・・・(T∇T))

seiha


他のお子さんたちがそれぞれパパママのお膝元でおとなしく授業を受けているのに対し、Tontonはすぐに私から離れて先生の邪魔をしてしまいます。
授業にノリノリで手を叩いたり、足踏みダンスしたりするときもありますが、場の真中に並べられているカードを散らかしてみたり、おもちゃの方に行ったり、ウロウロとどうも集中力が続かないみたい。
私が捕まえるとそっくり返って抜け出すか、泣き出すか。

↓捕まえられて半泣きのTonton
seiha


まだ1歳になったばかり、無理もない、といえば無理もないのですけど・・・ できるだけ本人の自由にさせてやりたいとは思うのですけど・・・ そう私が思っているから、こういう子(落ち着きのない子)になるのか?とも思ってみたり。
他の1歳のお子さんがおとなしく授業を受けているのを見ると、邪魔してしまって申し訳ない気持ちがします。
こういうことは一人の問題じゃないですからねぇ。

でも、どこに行ってもあまり人見知りも外人見知りもせず、「我自由を愛す」の精神で一人できままに遊んでくれるという点では、親として結構助かっています。
病院に託児ルームがあるのでよく利用させてもらっているのですが、私が離れても一人で全然平気みたい。
2時間ぶりに再会しても、とくに感動もないし(^^;

このまま積極的にいろんなことを吸収して、「知っている」ことがどんどん増えて、その場を十分楽しめるようになってくれたらいいなぁ。
そしてできれば、他人様に迷惑をかけないでくれたらいいなぁ・・・。


060919

ひっさしぶり(4週間ぶり)の妊婦検診に行ってきました。
左が足の大腿骨2本で、右がこちらを向いている骸骨ちっくな恐いお顔の写真。

この4週間の間、出血がちらほらあったために安静にせざるを得ませんでしたが、近頃ではそれもようやく落ち着いたようで、17週に入ったころから胎動も感じられるようになってきました。

胎動があると一安心ですね。
あ~ ちゃんとお腹で生きてるんだなぁ、という実感。
あ~ 妊娠してるんだなぁ、という実感。

赤ちゃんの成長はすっかり本人&母体任せで、私自身は何もしていないのにちゃんと育ってくれていることに神秘を感じます。
そんな神秘を感じつつ、一方ではお腹から無事に出てきてくれることも夢じゃなくなってきた現実に、少々不安も感じています。
二人の子を抱えて、果たして一人で無事に子育てできるのか?(お互いの両親の家は遠く、旦那の帰りが遅い毎日)
ま、なるようにしかならないのでしょうけれど、ね。

今回の検診で性別が分かるかも、と期待していたのですが、逆子&両足をぴっちり閉じている姿勢のために、判別はできませんでした。残念。
よく男の子、女の子、どちらがいい?と旦那さんに聞かれるのですが、
男の子だったらTontonと仲良く(?)ギャーギャーと元気に育ってくれるでしょうし、
女の子だったら、将来私と女同士の会話ができるでしょうし、
どちらもそれなりに楽しみな将来が待っているので、私自身は正直どちらでもいいのですよね。
どちらでもどーんと来い!という気分。
何よりも元気に無事生まれてくれるのが一番。


というわけで昨日の戌の日、安産腹帯発祥の寺という摩耶山天上寺に安産祈願に行ってきました。

赤子を抱いたとても穏やかなお顔と極彩色の唐服が印象的な摩耶夫人尊(お釈迦さまの生母)を前に、旦那さんとTontonと3人でご祈祷を受けてきました。
途中Tontonが泣き出したりしないかと心配でしたが、大きな太鼓の音にも驚かず、さながらミュージックショーのようなご祈祷を楽しんで見ているようでした(笑)

頂いた腹帯&お札類

060918
060918

↑一番よく過ごす部屋の高いところに祀ったお札

腹帯を締める前にお札に向かって安産祈願をしてくださいね、とか、産後1年以内にお礼参りに来てくださいね、とか色々と丁寧に説明を受けました。
以前Tontonの安産祈願をしたとき(香川県のお寺で)は何も言われず、頂いた腹帯も結局使わなかったのですが、そのせいで難産だったのかも・・・・と思うと、安産祈願に行ったことに満足せず、これからは日々ちゃんと祈願した方がいいのかもしれませんね^^;

次の検診は4週間後。
長く、待ち遠しい4週間です。