FC2ブログ
        
     管理者ページ

          
最近、やたら私の後についてまわるTonton。
Yossyが部屋に一人残されるとぐずってしまうので、なるべくYossyのそばでできることは持ってきてやるようにしています。
お化粧もそのひとつ。
普段、私のそばで化粧の仕方を見ているTonton。
そのせいか、段々お化粧がさまになってきたようです。

↓動画
スポンサーサイト



yossyyossy
ふがふんがっ
ふがふんがっ

と夢中になってしゃぶりついているのは、お尻拭きの蓋のシール。

赤ちゃんがよく使うようなニギニギとか、
音の出るもちやすいおもちゃとか、
そういうんじゃなくて
「お尻拭きのシール」。
これが好きなの。

あ、もう一個あった、Yossyのお気に入り。
「紙おむつ」

どうしてこう・・・。
また怪我しました。
こんどは唇。

070726

アパートの裏に4人掛けで向かい合わせで乗れるブランコがあるのですが、
ブランコの底板8枚のうち3枚は外れており、やや危険なブランコになっています。
もう数年そのままの状態で、修理依頼を申請してもなかなか修理してくれません。
はじめのうちは「使用禁止」の札がついていたそうですが、時とともにその札は失われ、目の前のブランコにむらがる子供で毎日いっぱいです。

そのブランコに、昨日も近所の子供たち5~6人が乗って遊んでいました。
それを見つけたTonton、
私の 「危ないよ」 の声など聞こえているのかいないのか、ダッシュで駆け寄っていき・・・
予想以上に振り戻ってきたブランコに顔をぶつけて倒れ、あわや下敷きになりそうに!

実際には下敷きにはならず、再び振り戻ってきたブランコに身体を押しのけられていました。

「ほら、危ないって言ったでしょ~」
と近寄ってTontonの身体を起こしてあげると・・・
血がボトボト~っ!

その量にびっくり。
慌ててYossyを抱いている上からTontonを抱きあげ、2人を担いだまま近くの木陰まで非難しました

どうやら唇の外側と内側の両方を切ったようで、出血は多そうに見えましたが縫うほどではなく、しばらくすると止まってくれました。ホッ。
(Tontonと私の服&靴、Yossyの頭から上半身まで血だらけになりましたが(-"-;) 。)

とにかく泣いてすがって私から離れてくれないので、とりあえず2人をえっちらおっちら抱いて我家へ帰宅。
しばらく抱いた後、お気に入りのビデオをつけると離れてくれました。

↓落ち着きを取り戻して放心状態のTonton。
070726

腫れた唇が気になるようでしたが、ご飯もそこそこ食べてくれて一安心。

汗と鼻水と涙と血とヨダレでぐしゅぐしゅのTontonも可哀想でしたが、
その兄に上に乗られてもがいていたYossyも気の毒っちゃー気の毒。
兄がぐずるといつもYossyは窮屈な目にあいます。
ごめんね。

あぁ、またパパに怒られるなー。
監督不行き届き・・・といっても、走っていっちゃうんだもんなぁ・・・。
私はYossy抱いてるし、機敏な行動できないのよねぇ。
危ないからって外に出さないわけにもいかないしー。
っていうか、Yossyまで走ってどっか行くようになったらどうしよ~~

などとブツブツ考えていたママに、そっと抱きついてきたTonton。
ありがとう。ごめんね。
またあとで元気に遊ぼうね。

そう言って寝た昼寝後の夕方。

性懲りもなく数人が乗っているブランコに近寄っていったおバカなTonton一人!
(楽しそうな声がするものね)

「危ないよ!」
の私の声に、今度は慌てて引き返してきました。
(^-^;ゞヤレヤレ

また今後、ブランコはママとゆっくり乗ろうね。
まぶたに焼きついたあの光景。
忘れません・・・。
-------------------------------------------------

先週日曜日。
旦那さんが疲れてグターッと家でゴロゴロしていたので、
私はYossyとTonton2人を連れて家を脱出(お出かけ)することにしました。

たまには旦那さん、一人でゆっくりしてらっさい。
そんな軽い気持ちで。

普段は運転しない車で近くの西松屋にお買い物に行き、
涼しい西松屋で散々ウロウロした後、そろそろいいかな?と2人を乗せて帰ってきました。

炎天下。
車のエンジン・クーラーはつけたままで
まずはTontonをチャイルドシートから降ろして、
さぁ次はYossyを降ろさなきゃ、とあたふた。

あら、運転席のドア開けたままだったわ、とドアをバタン。
その途端、
ふぎゃっ

・・・え!??何!?

声のした方向を見てみると、なんと!Tontonがドアの根元に指をはさんでる!!

ドアは完全に閉められた状態。

うそ!!!?

あせってドアを開けてTontonの指を見てみると、
4本の指がはさまってペチャンコに!!潰れていました・・・・。

Tontonは声の出せない状態が5-6秒くらい続いたでしょうか。
・・・・
・・・・
・・・・
ふ・・・・
ぎゃ~~~~ぁぁぁ~~~~ん!!

すぐさまTontonを抱き上げて「ごめんね、ごめんね」とヨシヨシしつつも、
そのうち車の中でワンワン泣いているYossyも気になってくる私。
こういうとき何を最優先してよいのやら、頭が一瞬真っ白になってしまいます。

とりあえず買い物した荷物を持って(持たなくていいのに)、
Tontonを抱いたままYossyを抱き上げ・・・
・・・てみたものの、二人を抱いてしまったらもう何もできない状態。
落としたガーゼは落としっぱなし、エンジンもつけっぱなしのまま、あたふた家の中へ駆け込みました。
(めっちゃ動転しています。)

旦那に指をはさんだことを報告。
案の定の非難の雨をあびつつも、今はそれどころじゃないわ、と、とりあえず泣きわめくYossyを床に降ろして ひたすらTontonをヨシヨシヨシ・・・・。

エアコンの風の下で涼んでいるうちに、しだいに汗と涙まみれのTontonの声のトーンが収まってきて、潰れた指もふくらみを戻してきました。
ママの胸の中で落ち着いて、そのまま寝入りそうな感じ。

その後ろでは、床に置かれたままで猛烈な声で泣きわめいているYossyが。
Yossyをあやしてよ、と旦那を振り返ると出かける支度をしています。

「おまえは家にいろ、病院に行って来る。」
の声。

そうよね、折れてたら困るし早く病院に行ったほうがいいかも、と思いつつも、「おまえは家にいろ」の言葉に猛反発する私。

私の不注意で痛い思いをしてしまったTonton。
超ママっこ抱っこ状態のこのTontonを託せるわけがない!
私が病院に連れて行って、先生のお話を直接聞きたい!

「おまえの我ままな気持ちを優先させるな!」
「おまえがいるとまた何しでかすかわからない、家にいろ!」
と怒られ、しばし言い合い。
けれど、絶対置いていかれてなるものか、と慌ててYossyのミルクの準備をして強引に車に乗り込みました。

日曜だったので、夜間休日小児科救急病院へ。

そして・・・
家に置き忘れた乳幼児医療証を取ってきてもらうため、結局旦那とYossyは再び家へ。
めでたく(?)Tontonと2人きりになった私は、落ち着きを取り戻したTontonを抱っこしたまま診察室へ。

「お母さん、こういうときは外科に行かなきゃ。」
などと言われつつ、
「え、ここでレントゲンは撮れないんですか?」
と食い下がり、結局診て貰えることに。

手を広げておとなしくレントゲンを撮らせて・・・・くれるわけもなく。
再び痛いことを思い出してしまって号泣&暴れるTontonを、助手の方と私とで羽交い絞め状態にして、無理やりレントゲン撮影終了。

結果、
骨に異常はありませんでした。
よかった・・・( iдi )

どうやら子供の骨は柔らかいので、潰れても折れることなく戻ることが多いんだそうです。

「湿布貼っといてくださいねー」
の言葉にウキウキ♪

お詫び&ご褒美に普段は買わない甘いジュースを2本買ってあげ、待合室で2人きり、ラブラブ&甘スキンシップ状態で笑いながら旦那の迎えを待ちました。
-------------------------------------------------

あの瞬間、あの表情、あの潰れた手。

まぶたに焼き付いています。
私の不注意で怪我をさせてしまって・・・本当にごめんなさい。
これから2人の子供を連れてママ一人で車に乗るのは控えます(-"-;)

070722
あれから4日、中節の部分(上から二番目)にうっすら痕が残るのみとなりました。
Yossy: 三種混合Ⅰ期一回目
Tonton: 三種混合Ⅰ期追加

YossyとTontonの4ヶ月検診や1歳半検診の経験から、ママ一人でぐずる2人を相手するのは無理っぽい、ということが分かっていたので、パパに仕事を休んでもらって行ってきました。

「三種混合は痛い。」
のだそうです。
予防注射の中でもぴか一とか。

針を刺してから薬液注入終了まで約5秒。
ふ・・ぁゎわぁあ・・ぎゃ~~~!!!!と泣き声が段々大きくなって無事終了(^^;

パパと一緒に行ってよかった・・・。

次はYossy三種混合2回目と Tontonはおたふく予防です。
実費約一万円は痛いけど、男の子はおたふく予防した方がいいんですってー。
縁あって、
CONSONANCE/五感コンサート「Live to live」
のお手伝いをさせていただいています。(Web担当)

9月9日、静岡県富士市ロゼシアターにて。
live
入り口は耳だけじゃない
というスゴイキャッチコピー。
五感が心地よく刺激される新しいコンサート、初回ゲストはオカリーナユニットbreathです。
参加してみて損はないと思われますょ。
お近くの方は是非、素敵な空間と時間を体験してみてくださいね(^^)
070708
「ねぇねぇ見て~」
とお友達におヘソを披露しているアホTonton。

下着を着ないようになってからというもの、自分のオヘソがものすごく気になるようです。
気になるだけなら分かる気もするけど、何故披露する・・・。

070708
って、触らせてるし!( ̄∇ ̄;)

お友達が手を引っ込めると、その手をぐいっと引っ張ってまで、自分の(立派な?)ヘソを触らせようとしていました。
腹の肉をつねられても、エヘヘ。
アホだ・・・。

そのアホ兄貴に付き合わされて、毎日この暑い中、午前2時間半、午後2時間ほどは外に出ている弟Yossy。
ママに抱っこされっぱなしで暑いので、もちろんこちらも超薄着。
日にも焼けますが、虫にも刺されまくります。
もちろん、飲みたいときに授乳してもらえるとは限りません。

待たされてばかりの受難の弟、強くなれよぉ。

以下、Yossy5ヶ月とTonton1歳11ヶ月の覚書。
お風呂上り。
次にTontonを入れている間に 泣き寝入りしてしまったYossy。

070713

泣いてもママが来てくれそうにないとき。
ど~~しようもなく眠いとき。

「諦めて寝る」

Tontonの赤ちゃんのときとはえらい違いです。

070713
その横で 相変わらずビデオ三昧な兄Tonton。

どうやら今日は風邪をひいた模様。
鼻水と熱が出て、ぐずりん大魔王降臨中・・・(-"-;)
毎週末、どこへ行くかで悩む我家。

動物園行こうか、水族館行こうか。
遊園地行こうか、キッズランドへ行こうか。
山へ行こうか、川へ行こうか、海へ行こうか。

先週、今週と行ってきたのは
フルーツ・フラワーパーク」と
須磨海浜水族園」と
東条湖おもちゃ王国」。
けれども、あらら? どこからどこまでが水族館の写真だっけ?
撮った写真はどれも乗り物に乗っているものばかり。

子供には色々と経験させてあげたい気持ちはあるものの、結局どこへ行っても「いつもの」に落ち着いてしまいがちな我家です。
まだまだ1歳児、喜ぶものなんてタカが知れてますな。
(水族館の魚はあまり興味を示さなかった・・・というよりもむしろ恐がっていました。残念(--;)

そんなこんなで週末写真集です。↓
070709

Tonton1歳10ヶ月、Yossyあと3日で5ヶ月。

お久しぶりです~。
産後の慌しさも去り、生活リズムがつかめてきた今日この頃。
頼まれていた仕事も一段落して、ようやくのんびりとした自分の時間が持て・・・
たり、持てなかったりするようになってきました(^^;。

生後ちょっと大変だったYossyですが、心配していた後遺症もなく、おかげさまで今ではすっかり元気に育っています。

「終わりよければ全てよし。」

心身ともに大変だった日々はあっという間に過ぎ去っていってくれ、日に日に増えていく体重に、幸せの重みと感謝を感じています。

年子育児は大変だ、とよく聞きますが、実践してみて果たしてどうでしょう?
答えは・・・
大変な部分は確かにあるものの、なるようにしかならない、
が答えでしょうか。

つまり、上限なく大変なわけではなく、ある程度以上はもう「しょうがない」ということになるわけです。
泣いてもわめいても、ママは一人しかいませんし(^-^;。
できることにも限りがあるわけで、その範囲内でもっぱら子供たち自身に頑張ってもらいつつ、日々過ごさせてもらっています。

年子育児「初期編」のコツは、
泣いて呼ぶ我が子の声に心を痛めないこと。

ま、結果的にはYossyが一番大変かと・・・(^^;

ごめんね~~^^;
でも一々全部答えてたら一日何もできなくなってしまうのよ。
お兄ちゃんがぐずったら、やっぱりお兄ちゃん優先で抱っこしちゃうし。
Yossy抱く前に、やることをある程度一段落させてから、と思っちゃうので、必然的に「待たされる」事が多いYossyです。

頑張れ、次男!(笑)