FC2ブログ
        
     管理者ページ

          
<スケジュール>
・生理2日目~採卵日2日前の昼まで毎日1日2回、ナサニール を鼻に噴霧 (自然排卵を抑える)
・3日目から採卵日2日前まで毎日1日1回 hMGを筋肉注射 (過排卵刺激)

・卵胞が成長したら、採卵日を決める。
・採卵日2日前の午後9時にhcGを筋肉注射(排卵を促進)
・採卵日午前8時、全身麻酔下で採卵を実施(採卵後5時間安静)

・体外受精(卵子と精子を逢わせる)
・採卵から2日後、受精卵を子宮に戻す(胚移植)
 (胚移植後3時間安静)

・黄体ホルモン注射
・3日おきにhCG注射
・副作用(卵巣過剰刺激症候群)のケア。
・胚移植から3週間後、妊娠判定。
私のスケジュールはこんな感じでした。
結局、卵は20個ほどできたのですが、そのためにOHSS(卵巣過剰刺激症候群)になってしまいました。

お腹はみるみる大きくなっていき、どんどん息苦しくなっていきました。
腹水と胸水が溜まっていたためです。。。

最初、先生からは副作用が出始めたらhCGは打たないから、と言われていました。
hCGは妊娠維持のためには必要なもの。
だけど副作用を増強させるものでもあったのです。

妊娠のために必要なものなら、私としてはどうしても打ってもらいたい。
・・・ということで、副作用が出ている事は隠して受診しました。
・・・が・・・

ばれました・・・( ̄∇ ̄;)(さすがだね先生)

hCGは即中止に。(ちぇっ)

平常時の卵巣というのは親指大のサイズなのだそうですが、このときの私の卵巣は両方とも12-3センチほどでした。

先生からは、「やばいと思う前」に苦しくなったらすぐ病院に来いよ、と言われて帰宅。
(腹水を抜いてくれるらしいのですが、それはそれで痛そうだから絶対嫌だ・・・と思っていた私)

人間、腹水とか胸水が溜まってくるとですね、歩くときに波動を感じるのですよ。
お腹の中でちゃぷんっ というか、ぼよよんっ と内臓が揺れてる感じ。
歩くたびにぼよよんっ。。
車に乗ってもぼよぼよよよん。。。
そーっとそーっと、ペンギンのように歩くようになりました。
自分ではまだまだ平気~と思っていても、口で「ふ~」と息をしつつノロノロとしか歩かざるをえない自分の姿に、自分でもびっくりしてしまう日々でした。
そのうち、寝るとかえって肺が圧迫されて苦しいので 座ったまま寝るように。。。。

結局「やばい」と思うこともなく、ある日を境に徐々にお腹や胸の圧迫が解けていきました。
副作用が軽くなったのは嬉しいけれど・・・

副作用の改善=妊娠不成立。

妊娠すれば副作用はどんどん悪化するはずだったのです。
どんなに苦しくてもいいから妊娠していて欲しい、というのが本音。
喜びのためなら多少の苦しさは耐えられるものを・・・。

結果を待たずして最悪の結果を知ってしまったのでした。

こうして、一回目の体外受精は数十万円という大金とともに散っていったのでした。
              
コメント

よく体外受精で一回、二回目で妊娠したとありますが
受精したのに妊娠しないってことですか???
それとも、流れるって事ですか?質問ばかりですみません。
---------- ゆーち [ 編集]* URL * 10/28, 21:43 -----

体外受精はその名の通り、体外で卵と精子を受精させます。
その受精卵を子宮に戻すのですが、子宮の壁にうまく着床して(とどまって)くれずに、流れてしまうことが多いのです。
受精=妊娠ではないですよ。
受精卵の子宮への着床=妊娠
となります。

今度、ゆーちさんも体外受精されるっておっしゃいましたよね。
先生に納得がいくまできちんと説明してもらった方がいいですよ^^。
---------- Akihi [ 編集]* URL * 10/29, 14:54 -----
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

    
トラックバック
トラックバックURL
→http://akihi.blog70.fc2.com/tb.php/14-da94688b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)